What's New

– 【告知】2022秋に金沢の寺院で展示を予定しており現在制作中です.

日時:2022年09月17日(土) - 09月25日(日)
会場:金沢 崇禅寺 石川県金沢市瓢箪町5-43
– NFT版 Tokyo Dangoが FAT collection にて販売中です.3D と2D の 2種類からお選びいただけます.(2022.05.01)

NFT site : FAT-collection >>
press release >>
– Art Fair Tokyo 2022内, FAT collectionブースにて Tokyo Dangoを含む作品群のAR体験がお愉しみいただけます.

アートフェア東京 2022
日時:2022年3月11日(金) - 3月13日(日)
会場:東京国際フォーラム
アートフェア東京 >>

Art Fair Tokyo 2022
Friday, March 11th - Sunday, March 13th, 2022
Tokyo International Forum
Art Fair Tokyo >>
– Future Artists Tokyo 2022 in Moscow が モスクワのリッツ・カールトンホテル地下ギャラリー Cube.Moscow にて展示中です.

– 開催延期となりました.
– Эта выставка была отложена.


Future Artists Tokyo 2022 in Moscow
日時:2022年2月26日(土) - 3月13日(日)
会場:Cube.Moscow (モスクワ, ロシア)
*本作はデジタル展示となります *中小企業庁 JAPANブランド育成支援事業

Cube.Moscow
26th. February, 2022 - 13th. March, 2022
125 009, Russia, Moscow, st. Tverskaya, 3, -2nd floor The building of The Ritz-Carlton, Moscow.
– Tokyo Dangoのお団子が ARとなって池袋の街に出没いたします.

日時:2022年1月28日(金) - 30日(日)
場所:イケ・サンパーク IKE-SUNPARK (豊島区立としまみどりの防災公園)
池袋デジタルアートパーク特設サイト >>
– 【告知】2022年春に《Tokyo Dango》が 3D作品となってNFTで販売されます.乞うご期待ください.
– モード学園コクーンタワーに創立された4年制大学 "国際ファッション専門職大学" の非常勤講師に就任しました.
– 東京藝術大学COI拠点によるVR展示会「バーチャルとリアルをつなぐアートフェス」に新作展示中.はじめての試みとなるメタバース空間での展示です.

日時: 2021年8⽉14⽇(⼟)- 8⽉28⽇(⼟)
会場: バーチャルマーケット6(VRchat内)

ニュースリリース Detail >>
作品説明 Work's detail >>
– アーツ千代田3331にて開催される「夏のいろどり展」に新作木版画《Komorebi : Memories of the Cambrian Period》を展示いたします.

日時: 2021年7月30日(金)- 8月1日(日)
会場: アーツ千代田3331 B105: マルチスペース 東京都千代田区外神田6-11-14

アクセス >>
作品説明 Work’s detail >>
– 都市景観をお団子に写し採るプロジェクト《Tokyo Dango》の映像作品。YouTube内の六本木アートナイト RAN.tvにて無料視聴いただけます.

日時:2021年2月27日より公開
オンライン:六本木アートナイト特設サイト、およびYouTube
Roppongi Art Night[JP]>>

– Movie work《Tokyo Dango》can be watched on YouTube.
Roppongi Art Night[EN]>>

– 你可以在Youtube上觀看視頻《東京建築甜點》.
YouTube >>
– 木版画作品が ギャラリーそうめい堂 にてご購入いただけるようになりました.海外からのご購入も可能です.

– You can buy SUMIFUDE's woodblock prints at Gallery Soumei-do online shop.

– 可以在網上商店購買木版畫作品.

ギャラリー そうめい堂[JP] >>
Gallery Soumei-do[EN] >>

Works

Tokyo Dango

Komorebi : Memories of the Cambrian Period|木漏れ日はカンブリア紀の追憶 2021

– 木漏れ日をみると心地よく感じるのはなぜか?という問いに対し、"生命が初めて眼を獲得したときに目にした海中の光景が、木漏れ日と似ているから。懐かしさ=心地よさに変換されているため" という仮説持論をもとに制作した木版画です。
恐竜誕生よりも遥か昔、眼が誕生したといわれる古生代時代のカンブリア紀には、私たち人類の祖先はまだ海の中で生きていました。この時期は今日に見られる動物の門が一気に出現した時期として知られていますが、その爆発的な生物誕生の背景には、この時期に生命がはじめて眼を手に入れたことと関係しているとも言われています(光スイッチ説)。 ▼アーツ千代田3331内 cfSHEギャラリー主催「夏のいろどり」展(2021) ▼東京藝大COI「バーチャルとリアルをつなぐアートフェス」展(2021)

くわしく >

– Why do we feel comfortable when we see the sun shining through the trees? There is a theory that we organisms acquired our eyes during the Cambrian period. What was the view that you were looking at that time? Perhaps, I think, the view in the Cambrian sea and the sunshine through the trees was similar. I created this work based on such a theory.
– Komorebi: This word refers to the sunlight shining through the leaves of trees, creating a sort of dance between the light and the leaves. ― OxfordBlog, 15 Japanese words that English needs
– References:In the Blink of an Eye. by Andrew Parker.
▼Exhibited in cfSHE gallery, 2021 ▼Exhibited in VRChat, 2021

detail >

Tokyo Dango

Tokyo Dango2019, 2021

– 都市をお団子に写し採る作品。COVID-19のパンデミック渦中に開催された六本木アートナイトRAN.tv「いま、アートで街を元気にできる?」のために制作した3分間の映像作品です。
唯一の国内生産自給率100%の作物「米」。古事記に「豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに、みずみずしく稲が豊かに実る国)」が記されているように、米は古代から日本を象徴する作物であり約3000年にわたって日本人の生活と経済を支え、また文化や信仰を生み出してきました。本作では震災と戦災からの復興を遂げ、そして現在の疫禍と対峙する東京という街をテーマに、東京を元気にするお団子をつくっています。 ▼六本木アートナイトRAN.tv(2021)▼アートフェア東京 FATcollection(2022)▼Future Artists Tokyo 2022 in Moscow(2022)▼池袋デジタルアートパーク(2022)
icon_onlineNFT_FAT Collection >>

どうが >

–This project transcribes the city’s architecture into Dango, a traditional Japanese sweet made of sticky rice. With Japan’s rich culture of rice cultivation, rice has held a deep connection to ceremonies and festivals since time immemorial for 3,000 years. Every region has a local specialty using rice, which serves the natural features of that area. Tokyo is no exception to this. ▼Art Fair Tokyo,2022 ▼Exhibited as AR public artworks in Ikebukuro, Tokyo, 2022 ▼Adopted as Roppongi Art Night , 2021▼Future Artists Tokyo 2022 in Moscow(2022)
icon_onlineNFT_FAT Collection >>

youtube >

Latest Products Image

SHITEN chair 2014

– 浮世絵にみられる独特な構図「複数遠近法」で制作した椅子。
浮世絵には縦長の媒体に対応した山水画の遠近法、横長の媒体に対応した絵巻・大和絵の構図、さらには一点透視図法など西洋から輸入したものなど、複数の遠近法が1枚の画中にコラージュ的な構図で描かれているものが存在します。このようなコラージュ的な構図はキュビスムが有名ですが、実はキュビスムより1世紀半も前から、浮世絵はコラージュ的構図で描かれていたことはあまり知られていません。本作は同じ事象でありながらも、見る角度によって捉え方は多様に存在することを示唆しています。▼TDW in Milano Salone助成金(2014) ▼Milan Design Week, Padiglione Visconti(2015)▼意匠登録 No.1546559取得(2016)▼織田コレクション収蔵(2017)

どうが >  できるまで >

– There are multiple perspectives mixed in Ukiyo-e. I used these various perspectives to create the chair. Some Ukiyo-e prints are a collage of Sansui-ga (Chinese-style landscape painting) composition, Yamato-e composition, and even one-point perspective. This work suggests that there are diverse ways to perceive the world depending on the angle of view. ▼Milan Design Week, Padiglione Visconti, 2015 ▼Registered design, 2016 ▼Collection of Oda-collection, 2017

PV >  Making>

Latest Products Image

SHOIN|書院 2015

– 書院造の空間動線を感じ採る作品。書院造建築の特徴を「雁行」「仕切」「奥性」の3つに設定し、各テーマで制作した作品を書院造建築内の床の間に展示した版画と鉄鋼オブジェによるインスタレーション作品です。
床の間は各部屋の奥(上手)に設えてあるため、鑑賞者は床の間に設置された作品を順を追って鑑賞することで、この書院造建築の特徴的な空間動線(雁行、仕切、奥性)をそれとなく感じとっていただける内容となっています。▼京都有斐閣弘道館 個展(2015)

どうが >

– Shoin-zukuri is one of the traditional architectural styles in Japan. I created works based on the theme of the characteristics of Shoin-zukuri architecture and exhibited them in Shoin-zukuri architecture. Each of them is represented by one piece of works and displayed in a Tokonoma part of a room of a Shoin-zukuri style house. *Tokonoma: inside gallery space
By doing so, moving from one place to another, a viewer would observe the concept of Shoin-zukuri as a moving line in space.
▼Solo-exhibited in Yuhisai-Kodokan, Kyoto, 2015

youtube >




Latest Products Image

Wagashi, Suzuri-bako|硯箱2014

– 琳派400年記念の京菓子公募のためにデザインした和菓子。琳派の解釈を〈不易流行〉と解き、不易と流行の2層の錦玉羹で表現した作品です。
琳派を代表する画家・尾形光琳と同時代を生きた歌人・松尾芭蕉。その芭蕉の俳諧理念〈不易流行〉を琳派における伝統の継承と革新と捉え、和菓子の上層は光琳の代表作「八橋蒔絵螺鈿硯箱」に描かれている斜め橋を〈流行〉として記号的に表現し、また下層は小豆本来の美しさをあるがままに見せることで普遍性を意味する〈不易〉を表現しています。▼琳派400年記念 手のひらの自然 京菓子と琳派展 デザイン部門大賞(2014)▼書籍『京菓子と琳派』(2015)

– Traditional Japanese sweets carry the artistic tradition of the Rinpa School in Japan. It received a grand-prix in a traditional Japanese sweets contest. In traditional Japanese haiku poetry we have the concept of Fueki-ryuko, which means pursuing something new and different will eventually return us to its eternal value. This sweet in its two layers represents these two elements of Fueki-ryuko.
▼Exhibited in Kyogashi and Rinpa School, Kyoto, Grand-prix, 2014 ▼Published in book, 京菓子と琳派, 2015

Latest Products Image

Wave2015

– 版木の一部にレーザーカッターをもちいた水性凸版木版画。版画は写真と同様に複製が可能な表現媒体ですが、デジタル媒体の出現により版画の機能や価値は変わってきています。ヴァルター・ベンヤミンが著書『複製技術時代の芸術作品』で述べたアウラについて再設定する時期にきているのかもしれず、アナログの複製品とデジタルの複製品との境界について問いを立てるべく本作を制作しています。▼クラコウ国際版画トリエンナーレ展(2015)
icon_onlineギャラリーそうめい堂 >>

– A woodblock print using a laser cutter. Printmaking is an expressive medium that can be reproduced, and with the advent of digital media, the function and value of printmaking has changed. We may be living in an age where we have to rethink the idea of Aura as Walter Benjamin described it in ' The Work of Art in the Age of Its Technical Reproducibility' ▼ International Print Triennial Kraków, Poland, 2015
icon_onlineGallery Soumei-do >>

Latest Products Image

View2014

– フランス紋章研究者ミシェル・パストゥローによると、縞を意味する英語stripeの語源stripには栄誉や地位を奪うの意があり、またフランス語rayerには抹消するという意が含まれ、縞紋様の衣服はハンセン病患者や死刑執行人に着用を命じていました。対して日本において縞は江戸奢侈禁止令をきっかけに粋な紋様として流行し、織物研究家の外山美艸によると270種もの縞の名前が日本に存在するといわれています。本作は制限下にあっても合法的にファッションを楽しもうとする江戸気質をテーマに、浮世絵の技法(水性凸版木版画, 馬楝手摺り)で制作しています。▼国際木版画会議展(2014)
icon_onlineギャラリーそうめい堂 >>

– According to Michel Pastoureau, a French professor of medieval history and an expert in Western symbology, the English word 'stripe', comes from the word strip, which means to deprive of honor or status. And striped garments were ordered to be worn by leprosy patients and executioners. In Japan, on the other hand, stripes became popular as a stylish pattern after the Edo-shashi-kinshirei (Sumptuary law of Edo period). According to textile researcher Toyama Mikusa (外山美艸), as many as 270 different names of stripes are said to exist in Japan. This work is based on the theme of the Edo people's spirit of legitimately enjoying fashion despite restrictions and is created using the techniques of Ukiyo-e. ▼Exhibited in International Mokuhanga Association, 2014
icon_onlineGallery Soumei-do >>

Latest Products Image

Banana meets toiletpaper2008, 2020

– 春画の日中比較考。日本の浮世絵にみられる春画の多くは遊郭や市井の人々が主役となっており、室内という閉ざされた空間での情事が多く見受けられます。対して中国の春画は春宮画ともいわれ、宮中に住む人々をモデルに四合院建築の広大な中庭、あるいは山水画など屋外風景を描いた屏風を背景にした情事表現が多く見受けられ、日本のそれとは印象が異なるものが多い。中国文学者の中野美代子氏にいわせると、これら中国春画は「あけっぴろげ」な印象を与え牧歌的であるといい、日本の迫真的で四畳半的密室性なそれとは対極にあるという。本作ではそのような中国春画の特徴を、芝生の上に置かれたトイレットパーパーとバナナで隠喩的に表現しています。
icon_onlineWALPAにてインテリア壁紙販売中 >>
icon_onlineギャラリーそうめい堂 >>

– How Chinese erotic woodblock prints are different from those of Japan. Most Japanese Shunga paintings feature people from the brothels or towns' people of Edo, so they are often set in closed indoor spaces. In contrast, Chinese Shunga, also known as "Shungu-ga (春宮画)," feature court dwellers as their models, often set against the backdrop of a large courtyard or a folding screen with landscape paintings. According to Miyoko Nakano(中野美代子), a scholar of Chinese literature, these Chinese Shunga have an impression of 'openness' and 'idyllic'. In this work, such characteristics of Chinese Shunga are metaphorically expressed by the toilet paper and banana placed on the lawn.
icon_onlineInterior wallpaper now on sale >>
icon_onlineGallery Soumei-do >>

Latest Products Image

Hidden Geometry2008

– 紙を折ったときに最も美しい角度を模索し、平面のテロリズムを企てる。太宰治は著書『富嶽百景』で浮世絵に描かれる富士山は実際の角度よりも鋭角になっていることを指摘しているように、ときに実物から離れた構図で描くことがあります。それは現代アニメの「シャフト角度」、あるいは菱川師宣《見返り美人図》のように一瞬を永遠にするための角度といっても過言ではありません。本作はそのような角度をテーマに制作した木版画作品です。
icon_onlineギャラリーそうめい堂 >>

– Seeking the most beautiful angle when the paper is folded, and plot the terrorism of the plane. Sometimes I draw the composition away from the actual object. In the book "Fugaku Hyakkei" (One Hundred Views of Mt. Fuji『富嶽百景』), Osamu Dazai (太宰治, Japanese author), pointed out that Mt. Fuji in Ukiyo-e is drawn at a sharper angle than it actually is. It is no exaggeration to say an angle to make a moment eternal that this is a "shaft angle(シャフト角度)" in Japanimation or as in Hishikawa Moronobu (菱川師宣, Japanese Ukiyo-e artist) 'Beauty looking back (見返り美人図)'. This work was created with such angles as its theme.
icon_onlineGallery Soumei-do >>

Latest Products Image

Fish2008–

– 盆栽の日中比較考。日本の盆栽は一般的に「園芸」領域にカテゴライズされますが、中国では盆栽は「盆景」と呼ばれ、日本と同様に園芸的側面もあるものの、奇岩やミニチュアをふんだんに取り入れた「工芸」領域にも及ぶという特徴があります。本作は植栽少なめ、奇岩とミニチュア人間を取り込んだ中国的盆栽を下敷きに、紙上の造園を表現しています。北京留学中に制作。
icon_onlineギャラリーそうめい堂 >>

– A comparative study of bonsai in Japan and China. Bonsai in Japan is generally categorized in the "horticultural" realm. In China, however, it is called "bonsai scenery" and is treated as a "craft" that incorporates strange rocks and miniatures. This work represents Chinese bonsai while capturing these differences between Japan and China. (Created while studying in Beijing)
icon_onlineGallery Soumei-do >>

Latest Products Image

Discord2001

– 中国語と日本語は同じ漢字文化圏にありながら、言語学上では系統的関連性はないとされています。 日本語の母語話者と中国人の母語話者間では筆談は可能であっても、会話は成立しません。 これら文字言語と音声言語との違いを利用した音の書です。Created with macromedia Director. ▼山形県立美術館(2001)

– Although Chinese and Japanese are part of the same Chinese character culture, linguistics shows no systematic relationship between the two languages. Even though written communication is possible between native speakers of Japanese and Chinese, a conversation is not possible. This is a sound book that takes advantage of these different. ▼Yamagata Museum of Art, 2001

Latest Products Image

Sakuteiki|作庭記2000

– 机上の庭園がテーマ。かつて庭は権力や財力のある限られた人だけが所有できるものでした。この作品を制作した2000年は日本国内におけるインターネットの世帯利用率が34%*になった年です。インターネットとデジタル技術の進歩によって、わたしたちの欲望は急速に実現可能となることを予感し、本作は誰もが簡単にPCで庭をつくることができるゲームアプリとしてmacromedia Directorで制作しました。題名は日本最古の庭園書『作庭記』から。*1997年 6.4%, 1998年 11%, 1999年 19%, 2000年 34%, 2001年 60% 総務省調べ。▼東北芸術工科大学エントランス(2000)

–The theme is desk gardens. In the past, gardens could only be owned by a limited number of people with power and wealth. The year 2000, when I created this work, was the year that the percentage of households using the Internet in Japan reached 34%*.
Foreseeing the rapid realization of our desires with the advancement of the Internet and digital technology, I created a game that allows anyone to easily create a garden on a PC.
The title comes from the oldest garden book in Japan, Sakuteiki.

Latest Products Image

Bonsai no Utsuwa|凡才の器1999

– アトリウムの吹き抜け空間に、高さ4.2m × 1.5m × 1.5m のPVCシート製の透明な器を吊り下げ、そこへ来場者に風船を投入してもらう作品。
展示の最終日には、最上部に鎖で吊り下げられた有刺鉄線と五寸釘製のクラッシャーを落として、器のなかの風船を破壊するパフォーマンスを行いました。わたしたちは美大で何を学んでいるのか。その問いへの答えとして制作しています。▼東北芸術工科大学ギャラリー THE TOPおよび 5F〜7F吹き抜けスペース(1999)

どうが >

–A set and exhibition for visitors to throw balloons into a box-shaped monument suspended from an open ceiling space in a building.  On the last day of the exhibition the balloons are broken.  It was designed as an answer to the question “What are we learning at the College of Fine Art?” ▼Gallery of Tōhoku University of Art & Design, Yamagata JAPAN

youtube >

Latest Products Image

Mourning Works1998

– 幼い頃に飼っていたウサギの屍体を庭先に埋めたところ翌春に大量の雑草が生えてきた経験と、同居していた祖母の死を重ね合わせて制作したインスタレーション作品。
死と対峙することであらたに生を見つめなおす行為「喪の仕事」をテーマに制作しており、中央に鎮座した袋は送風機とコントローラーによって膨張と収縮(呼吸)を繰りかえします。▼渋谷 spaceEDGE「雑草の庭」展(1999)

– This work is based on the theme of "mourning work," the act of rethinking life by confronting death. The bag in the center of the work expands and contracts (breathing) repeatedly using a blower and controller. ▼Shibuya space EDGE, Tokyo JAPAN

Latest Products Image

Kaleidoscope Workshop|廃材万華鏡2013

– 産廃でつくる万華鏡ワークショップ。
マテリアルの素材性への再発見と驚きをテーマとした展覧会「SENSE of Wonder」のための企画。産廃回収業の株式会社ナカダイ様からご提供いただいた素材を万華鏡へアップサイクルする。
捨てられようとしていた産廃素材が、万華鏡という回転装置(Cycle)によって、その様相が美しく再生(Re-cycle)されるという、持続可能な循環(Up-cycle)を表現しています。▼東京藝術大学陳列館「SENSE of Wonder」展(2013)

どうが >

– Kaleidoscope Workshop made from industrial waste. How beautifully materials recycle when they go in the sequence shows the sustainable cycle of recycling. ▼Tokyo University of the Arts, Tokyo JAPAN

youtube >

Latest Products Image

Gradayon|グラデーヨン2018

– 色を疑ってみるためのクレヨン。
赤いリンゴに見えていても、よく観察すると赤のほかにも黄や緑、そして茶色なども混じっています。これら自然の色は単一ではなく奥性が感じられる混色を成しており、また時によって移り変わるものです。わたしたちは分かりやすさのために単一化してしまうことがありますが、それによって取りこぼした何かを拾い上げてみます。

– Crayons for questioning colors. When you look at a red apple carefully, you will find the color is blended with green and brown. The color of sky also changes as time goes by. The colors in nature are not simple, but rather complex. They also change when time passes. We tend to oversimplify or categorize things. By doing this, however, we may miss something significant or important for us.



アンパンマンはおっぱいの記号である2014

– 言論プラットフォーム「アゴラ」寄稿。なぜアンパンマンは幼児にウケがいいのか?その持論と考察。

text >

About


SUMIFUDE(すみふで)

sumifude


1979年山形県生まれ、東京都在住。アーティスト、大学非常勤講師、母親業。

1999年渋谷EDGEでの処女作展示を皮切りに、二次元の浮世絵に散見される複数の遠近法を1つの三次元立体の椅子へ写し採った作品「SHITEN chair」(Milan Design Week 2015)、日本建築1 棟貸の各部屋の床間に作品を展示して日本建築の空間動線を浮き彫りにした作品「SHOIN」(京都有斐閣弘道館 2015)、パンデミック渦中に東京都内に実在する建築物をお団子に写し採って都市のローカル性を提示した映像作品「Tokyo Dango」(六本木アートナイト 2021) など、個人的妄想と客観的リサーチによる持論を下敷きに作品を制作する。

生命と日本文化をテーマに扱い、なかでも「浮世絵における "二次元媒体でありながらも三次元空間を匂わせる複数遠近法" の視差が生み出す立体視感」に着目しながら、版のメディア性、複製(転写)のオリジナル性、連綿とくりかえされる行為(反復/循環/入れ子)に潜む本質を問う。メディアアートと木版画のキャリアを併せ持ち、デジタルとアナログのいいとこ取りで制作する。

- 東京藝術大学大学院修士課程修了, 修士号 (美術) 取得
- Central Academy of Fine Arts 伝統木版画工作室, 日中友好協会推薦中国政府奨学金派遣留学

https://sumifude.com

CV > ステイトメント > 生い立ち > プレス用データ >


SUMIFUDE

Visual Artist and Woodblock Printmaker. Lives and Works in Tokyo, Japan.

Sumifude interprets the general concept of printmaking in a broad sense, using the act of “transcribing” across disciplines so as not to limit the means/medium of expression to woodblock and paper.

Tokyo Dango:This video work transcribes the city’s architecture into dango, a traditional Japanese sweet made of sticky rice. (Roppongi Art Night 2021)

SHITEN chair:This work transcribes the multiple perspectives of Ukiyo-e in the chair. (Milan Design Week 2015)

SHOIN:This installation work transcribes a moving line in the space of Japanese architecture in the prints and sculptures. (Yuuhisai-Koudoukan, Kyoto 2015)

She received her M.F.A. from Tokyo University of the Arts and research students at the Central Academy of Fine Arts(CAFA).


CV > Press_photo / logo >


Online Store

Gallery Soumei-do

ギャラリーそうめい堂オンラインサイトにて木版画作品をご購入いただけます。

WALPA

輸入壁紙店WALPAオンラインサイトにて壁紙商品をご購入いただけます。

FAT collection

NFTアートサイト。クレジットカードにてご購入いただけます(ウォレットや暗号資産/仮想通貨は不要)。

Get in touch

Email suzuki@sumifude.jp

Top