WORKS

畳縁と襖でつくる仮想空間

Metaverse in You.

This work uses the Meta-perspective of Japanese architecture, such as tatami mat edges, to create a Meta-verse in the viewer’s brain. Moreover, a local Kanazawa confectionery printed on the Fusuma looks three-dimensional through anaglyph glasses.

メタバースはあなたの中にある

作品名《Parallax》は日本語で“視差”のこと。本作は和風建築の畳縁と襖の構図が生みだすパース(遠近法)をもちいて鑑賞者の脳内にメタバース(仮想空間)を描くことを目的とした襖絵である。くわえてアナグリフメガネで襖を鑑賞すると襖絵に描かれた金沢の郷土菓子「五色生菓子」が立体的に浮き上がって見えるしかけになっており、視差というズレが生みだす豊かさを示唆する。

Parallax, 2022
Installation (digital printing, paper, Fusuma)
H1740 W3500mm

– oterart金澤, 2022
– 崇禅寺・一文字天満宮(金沢)収蔵

CATEGORIES

installation