WORKS

Tokyo Dango:都市景観をお団子に写し採る

No local in Tokyo?

This project transcribes the city’s architecture into Dango, a traditional Japanese sweet made of sticky rice. With Japan’s rich culture of rice cultivation, rice has held a deep connection to ceremonies and festivals since time immemorial. Every region has a local specialty using rice, which serves to show the natural features of that area. Using this rice as a raw material, the participants transferred the architecture of the metropolitan scenery onto the Dango, investigating the distinctly cultural scenery of Tokyo through an edible medium with a strong connection to place.

東京のローカル

本作は都市景観をお団子に写し採るプロジェクトである。米(コメ)は古事記に「豊葦原瑞穂国(みずみずしく稲が豊かに実る国)」と記されているように約3000年にわたって日本人の生活と経済を支え、田園風景という景観をもつくった。また米を原料とする郷土食や菓子は各地に存在し、土地の風土との強い関わりがある。本作は米を原料とするお団子をもちいて東京のローカル* について問う。
*ローカル:日本語の辞書を紐解けば「首都に対しての地方」と二項対立的に定義されているが、英語“local”には「首都もまた一つの地方として内含される」とあり洋の東西で認識が異なる。

Tokyo Dango,2021
Video|3min 45sec AR|dimension variable
sticky rice, etc.

協力:木村剛大、中村孔、西村愛

– Roppongi Art Night 2021, 六本木アートナイトRAN.tv, 2021
– Art fair Tokyo 2022, アートフェア東京 FATcollection, 2022
– Future Artists Tokyo 2022 in Moscow
– Ikebukuro Digital Art Park 2022, 池袋デジタルアートパーク, 2022

CATEGORIES

AR, food, movie, NFT, project