WORKS

木漏れ日はカンブリア紀の再生装置

Komorebi:The sun through the trees is a Cambrian playback device.

Why do we feel comfortable with Komorebi, sunlight through the leaves of trees? Organisms acquired eyes during the Cambrian period; many lived in the oceans then. The underwater landscape the creature saw for the first time and the view of Komorebi may be similar.
So perhaps we are unconsciously recalling the Cambrian seafloor landscape when we see Komorebi. I created this work with this fantasy.

木漏れ日はカンブリア紀の再生装置

なぜヒトは木々の葉の間から差し込む太陽の光(木漏れ日)を心地よく感じるのだろうか。生物は古生代カンブリア紀に目を獲得したというがその時代、多くの生物は海洋に生息していた。私は夢想する。生物がはじめて目にした海底風景と木漏れ日の景色は似ていたのではないだろうかと。わたしたちは木漏れ日を見て無意識にカンブリア紀の海底風景を追憶しているのかもしれない。という勝手な妄想で制作した版画です。

Komorebi: memories of the Cambrian period, 2021
Mokuhanga, water-based woodblock printing
edition: 1/1
paper size: 535x420mm, image size: 430x350mm

– 夏のいろどり展|CfSHEギャラリー, アーツ千代田 3331(東京),2021
– 東京藝術大学COI拠点x三井不動産 バーチャルとリアルをつなぐアートフェス, バーチャルマーケット(VR),2021

CATEGORIES

printmaking